セミオトコ

セミオトコの意味って?セミが人間になった理由を知るとドラマが2倍楽しい!

この記事では2019年7月からのドラマ「セミオトコ」について見ていきます。

ドラマ「セミオトコ」、謎のタイトルです!

意味ってなんなのでしょう?セミが人間になった理由って?

では早速、ドラマ「セミオトコ」についてその意味、セミが人間になった理由を見てみましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「セミオトコ」はどんなドラマ?

ドラマ「セミオトコ」はテレビ朝日金曜ナイトドラマで7月から始めるドラマです。

放送は2019年7月26日(金)スタートで、毎週金曜夜11:15~放送です。

「まさかセミが主人公なの???」

くらいしか分からない謎のタイトル。

脚本家・岡田惠和さんによる、完全オリジナルストーリーなのだそう。

タイトルだけでもオリジナル感が満載です。

美しきセミの王子様と30代さえない女子の7日間だけのキセキのラブストーリー

セミの王子様?!

あのセミの!

夏にないているあのセミ。

の王子様?!

こんなに想像できない王子様も珍しいですよね。

セミ役は、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんで、王子様感は満載です。

セミの王子様というシュールな役でテレビ朝日のドラマに初出演&初主演なのだそうです。

相手役のいいことなんてまったくない、さえないアラサー女子、大川由香には、木南晴夏さんが決定。

由香の住む「うつせみ荘」の大家さん姉妹は、檀ふみさん、阿川佐和子さんのお二人が演じます。

楽しそうなキャストですねえ。

公式キャラクター「セミオトコ」も虹色の羽を持つ王子系です。

ドラマ「セミオトコ」の意味は?

ドラマ「セミオトコ」のあらすじを見てみましょう。

何年もの間、地中で羽化するときを待ち続け、ようやく迎えたそのとき、頭上から落下してきた女性の下敷きになりそうになる、という波乱万丈な人(セミ)生の幕開けを迎えるセミです。
落下してきた女性・由香の機転により、ぺしゃんこの難は逃れたものの、彼女の寂しそうな雰囲気が気になってしまうセミ。
「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、なんと人間の姿になってしまうのです!
由香の前に人間として現れ、命を救ってもらったお礼を伝えたセミは、「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、ふたりの7日間限定の生活がスタートするわけですが…?

いかがでしょう!

なるほど、セミといえば何年も地中で羽化を待って、羽化したと思ったら、7日間という短い人(セミ)生を生きるドラマチックとも言える夏の風物詩です。

だからこそ7日間限定の生活になるのですね。

「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、人間の姿になったセミオトコ。

口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」

素敵な言葉です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「セミオトコ」セミが人間になった理由は?

ドラマ「セミオトコ」のあらすじによると、セミが人間になった理由は…

長く地中で待っていた羽化を迎えたその時に落下してきた女性・由香が、寂しそうな雰囲気なのが気になってしまうから。

「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、人間の姿になりました。

長年地中に潜っていて、人間界のことはまだよくわかっていないセミの王子様。

意味不明な言動や浮世離れした発想で、由香を驚かせまくりますが、たいていのことはその輝くような笑顔で解決してしまいます。

いかんせん“顔がいい”王子様なので!

彼の口癖は「なんて素晴らしい世界なんだ!」

この一言で、地上世界の良いことも煩わしいことも、私たちの全てを肯定してくれるのです。

「良いことも煩わしいこともすべてを肯定してくれる」

これは今、みんなが最も欲しいことかもしれませんね。

短い7日間にすべてを肯定して輝くような笑顔を見せてくれるセミオトコ。

セミ役の山田涼介(Hey! Say! JUMP)のコメントから

人と人のつながりの大切さが描かれていて、僕が演じる役には人の心を動かすようなセリフがたくさんあるので、そういうところに共感していただけたらうれしいです。会話劇も面白く展開されていくと思いますので、共演させていただくみなさんと楽しく作り上げていけたらいいな、と思います。

これは見たくなりますね。

 

セミオトコの意味って?セミが人間になった理由が実は深かった!まとめ

ドラマ「セミオトコ」についてその意味、セミが人間になった理由を見てきました。

この夏、もっとも切なくて、だけどほんわか笑えるセミとアラサー女子の7日間だけのキセキのラブストーリー。

山田涼介(Hey! Say! JUMP)さんのセミの王子様、楽しみですね。